=季刊2021年 初夏号より=

 

ともに働いて益となるために

                                      牧師 山村諭

神を愛する人たち,すなわち,神のご計画に従って召された

人たちのためには,すべてのことがともに働いて益となるこ

  とを,私たちは知っています。    ローマ人への手紙8章28節 

 

                    2021年度年間主題聖句として                  

 2月の教会総会において上記のロマ書の御言葉を年間主題聖句として掲げこのように解説を記しました。「愛する神は,私たちとともに働いて,すべてが益となるように計らってくださいます。コロナ禍の世界の苦しみを神ご自身もともに苦しみ,ことばにならないうめきをもって執り成していてくださいます。この神が私たちの味方です。神とともに働く者として「交わり(コイノニア)と愛のわざ(ディアコニア)に励み,この地に神の国の祝福をもたらすために」仕えて参りましょう」。                                          

  ローマ8章28節の御言葉は,「神さまが最終的には良きに計らってくださるから大丈夫だ」ということ以上のことを語っています。28節に用いられている「ともに働く」という動詞は,「だれかとともに働く」という意味の言葉です。                                                                                          

 それゆえ28節はこのように訳すこともできます。「神は,すべてにおいて益となるように,神を愛する 人々とともにお働きになる」。神だけが人と無関係に働くのではなく,弟子たちだ けが働くのでもなく,神は人とともに 働いてご自身の 御業を行われるのです。                            

 

神さま任せの責任放棄ではなく

   神さまが何とかしてくださるから大丈夫。この信頼は大切です。しかしそれは,今起きている事柄に無頓着でよいということにはなりません。「悪いこと・悲惨なこと」に覆いを掛けて,神さまが何とかしてくださるというなら,御言葉を生きることになりません。 自分たちを単なる受益者の立場において,神が益をもたらすことを期待するのは,神さま任せの責任放棄です。主の御言葉は,私たちを傍観者にしようとはさせません。「よいことのために,ともに働こう」と,神は私たち一人一人をともに働く当事者として招いておられます。 

 

神の御心を確信して人事を尽くす歩みを

 私たちは教会総会において「会堂の建替えをおこなう」ことを決議しました。これまでの会堂に関する取 り組みを振り返り,現状を認識した上で,将来像につ いての最善の計画を求めた結果として導かれた「会堂の建替え」です。ここに神の御心があると信じて,新 会堂建築に向かっての第 一歩を踏み出しました。                                     

 コロナ禍の今に大きな事業に乗り出す不安はあります。慎重でありたいとも思います。でもこの計画は神ご自身から出たものであると確信します。この地で福音の拠点として私たちの教会が使命を果たし続けるために,今,神が私たちに示してくださった大きな働きです。それゆえ私たちは,このことのために「天命を信じて人事を尽くす」歩みをしたいと願います。                                     

   神は,ご自身の目的・ご計画のために,私たちとともにお働きになる方です。ともに教会の交わりを建て上げ,この地に神の祝福をもたらすために,神とともに私たちも主の業に仕えて参りましょう。